最近、夏休みを利用して大学見学に来ている中高生をたくさん見かけます。

キャンパスには、部活や、サークルの活動、

または友達に会いにきている学生しかいないので、

施設や建物の雰囲気を味わうといった程度かもしれません。

わたしも、高2の夏休みに見学に来て、

荘厳な校舎と、広大な敷地に大興奮して帰って行ったものです。

今はというと、毎日、部活と友達とのおしゃべり、ときどきバイト、

渋谷や下北沢、吉祥寺散策、読書など、

とても自由に好きなことをしている感じです。

友人は、企業や議員インターンに申し込んだ人、

海外へ一人旅に行っている人、帰省している人

様々です。

この夏休みは、私にとって、初めての宿題のない夏休みです。

やっと、本当に「休め」ます(o>ω<o)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高1の夏休みから受験を意識し始めた私は、

いつも、夏休みを勉強だけにあてていました。

そういえば、

友達と遊ぶことも、ゆっくりと読書することもなかったなあー

受験生だから、 と割り切っていろんなことを我慢していました。

本当にあの時期は修行僧のようでした(笑)

でも、東大に現役合格した人にだって、

部活を引退までやりぬいた人、趣味の時間を守ることができた人、

友達との思いでも作ることができた人はたくさんいます。

ち な み に

去年の12月くらいから、毎日3時間くらいしか寝ないで、

栄養ドリンクで生きていた、とても不健康な時期がありました。

でも、そんなこと周りの東大生でやっていた人は

意外にもいないんです(;_;)

わたしは自分を追い詰めることでがんばるタイプだったのかな

と思います。

人それぞれ性格も能力もちがうので、周りに流されないことが大切ですよね。

たとえば、睡眠時間が短いと勉強なんてとてもできない!という人が

私のマネをしたとしたら、入院もありえますからね。

よく、「夏休みはどういうふうに過ごしたらいいですか?」とか、

「何時間勉強したらいいですか?」って聞いてくる子がいますが、

わたしだってわかりません!!!!!!!!!!!!

とりあえず、経験してみるしかないんですよね。

その夏休みが、後から振り返って

失敗に見えようと、成功に見えようと。