ただ今実家で、東京に持ち帰るものを漁っています。
生活必需品の姿が消えた部屋は、だいぶさっぱりしていましたが、それでもやはり
思い入れのある教科書や参考書の山が残っていました

合格発表の翌日、溢れる安堵感とともに湧き出た掃除欲。
思い切って捨てた参考書、過去問や模試は、積み上げてみると
162㎝の私の身長3つ分にもなりました。

ほとんどが東大の2次とセンターの過去問で、
とにかく大量に問題を解くことで自信と力をつけようと必死だった高3。
写真のように、苦手なページには付箋を貼って
執拗に解いたり、
表紙がなくなるくらい英単語帳を丸ごと覚えてみたり、
同じ参考書を何度も繰り返し解いていました。

それに比べて、
受験を目前にして
不安感や焦燥感に駆られて買ってしまった『東大生の~』みたいなハウツー本や、
王道と言われる参考書(一般的に良いとされていても、向き不向きがあります)
は、ほとんど手をつけずに結局BOOK・OFFに売ってしまいました(笑)

同じ参考書をかわいがって何度も使ってあげることは、
自分はこの一冊を制覇したんだという自信になります
浮気するよりも、
まずは今使っている教科書や参考書を完璧に自分のものにする方がいいかもしれません