今日は、先輩に誘っていただいて舞台を観てきました

中学生以来ではないかと思われるほどの久々演劇鑑賞!文化活動!(笑)

ローマ建国から滅亡までを描いて累計920万部超のベストセラーになった、

塩野七生さんのの「ローマ人の物語」を舞台化し、

松本幸四郎さんが主役カエサルを演じる

 「カエサル-『ローマ人の物語』より-」 という歴史物です。

公式サイト

http://www.play-caesar.jp/

世界史をとっている生徒には、塩野七生さんの本を是非一読することをオススメします(・ω・)

世界史選択でない人ももちろん読んでみてください。

教科書の構成上、どうしても授業で習ったことを頭の中で整理することは難しく、

時代ごと、地域ごと、人物ごととバラバラになりがちですが、

躍動感、臨場感ある歴史小説を読む作業によって、

流れるようなストーリーができあがり、強く記憶に残ることがお分かりいただけると思います。

東大や一橋の入試問題のような記述型の対策にはかなり役立ちますよ!

受験生は、追い込み時ですねがんばってくださいね