尖閣諸島の中国漁船衝突事件のビデオ映像が、youtubeに流出し、
大きなニュースになっています。
youtubeより↓
この映像の流れた夜、ツイッター上では、
この映像がより多くの人の目に触れることを目的としたつぶやき、
映像を公開しない政府への批判一色でした。
 
政府の秘匿情報が、このような形で流出することはあってはならないことです。
おそらく、頑なに映像の非公開を主張する内閣にしびれを切らした職員が内部流出させたのでしょう。
わたしたちにも、私たちの住むこの国と、海を隔てた隣国との間に
何が起きているのか「知る権利」があると考えるのが普通ではないでしょうか。
未だに公式的に映像を公開しない政府の姿勢を見ていると、
民意、民意とは言うものの、民意の形成を恐れているようにしか見えません。
youtubeに映像を流出させた人物は、国家公務員法の守秘義務違反容疑に当たる可能性があるようですが、
私には、情報社会における真っ当な民主主義を主張する声と受け取ることもできました。
 
 
また、この一件は、ネットに流れた情報が如何に高速で拡散し、
どれほど多くの人間に(国境すら越えて)影響を与えるのかを、まざまざと見せつけた形になりました。
明日は、「マスメディア」について稚拙ではありますが、いろいろと所感を書きたいと思います。