今日は東京大学男子ラクロス部の関東学生選手権決勝でした。

対するは、今年未だ負けたことのない相手、早稲田。

予選リーグで既に負かしてきたチームです。

東大はブロック1位通過、早稲田はブロック2位で通過。

FINAL4で一橋に勝ち、波に乗った早稲田の力は底知れず…

東京大学 vs 早稲田大学
5-8

東大は早稲田にやぶれ、準優勝という結果に終わりました。

同日行われた閉会式では、

大会通算34得点という記録を残した4年AT#11樋浦直樹選手が得点王に、

FINALでFOの圧倒的強さを見せた4年MF#10小橋哲史選手が優秀選手に表彰されました

このような賞をいただけたことは、

今年の東大の実力の証ですし、

ラクロスというスポーツ史にとっても、東大における運動部の活動においても

大きな意味を持つと信じています。

今年のラクロス部の目標であった「学生王者」まであと一歩。

夢半ばでの偉大な4年生の先輩方の引退。

短かったけれど、私にとっての「東大」のイメージの壁を打ち砕く「本気」を

見せてくださった先輩方。

頭の中はぐしゃぐしゃになり、そして真っ白になり、

1日が経って

今さら、悲しくて、悔しくて仕方がなくなりました。

以下、BLUE BULLETS のブログからの引用になりますが、

感謝の言葉を。

会場で一緒に声援を送った皆様、
twitterやブログを見ていてくださった皆様、
保護者の皆様、OBOGの皆様、部員の友人の皆様、東大関係者の皆様、

Blue Bulletsを応援し、見守っていてくださったすべての皆様に
心からお礼申し上げます。

本当に、ありがとうございました。

いたらないところだらけの私達ですが、
来年度も皆様に「応援したい」と思っていただけるよう活動してまいります。

どうか変わらぬご理解とご声援をよろしくお願いいたします。